TEXT COLLAGE
かつてビートたけしが「芸人はしゃべってるだけで金がもらえるから楽でいいな」って言われた時、「楽だよ、お前もやれよ」って答えたのは非常にインテリジェンスが溢れててお気に入りだ。
本質になるまで切り落とす。だが詩を取り除いてはいけない。余分なもののない、清潔な状態を保つが、不毛にしてはいけない。
nise3kawan:

|A`) Rhythm and washer

nise3kawan:

|A`) Rhythm and washer

創造とは何かを造ることではなく価値を可視化することだ
Twitter / 妄言bot 「我は写真家非ず」(via twwp) (via aurorae)
2009-12-09 (via gkojay) (via usaginobike) (via edieelee) (via sagaraya) (via zengame) (via do-nothing) (via bitchnrolll) (via dfgkelxp) (via ak47) (via crniz) (via yukafukuoka) (via sokohakatonaku) (via it-shine-reading) (via usaginobike)
疲れる原因は「やったこと」ではなく、「やっていないこと」だ。
やり終えていない仕事が疲労を引き起こす。by Steve Chandler
「質問はわからない人がするものではない。よくわかっているからこそ、質問が出来るのである」
「わからない人は質問して下さい」という問いは本当に意味があるか? - tate-lab (via usaginobike) (via ssbt) (via proto-jp) (via yaruo)
2009-11-19 (via gkojay) (via ak47) (via michi66f) (via dannnao) (via udonchan) (via randummemo) (via rokugatuippi) (via dannnao) (via browneyes) (via ryusoul) (via gutarin) (via 7bit) (via himmelkei) (via tkasa) (via kagit) (via usaginobike) (via atm09td) (via jun26) (via zocchi) (via disknikr) (via mug-g) (via narukish) (via tora-friday) (via narukish) (via yellowblog)
真面目な話、駄目になりそうなとき一番大事なのは糖分油分睡眠と運動であって、薄っぺらな綺麗事と無責任な応援ではありません。
物凄く頭が良い人たちが新しい事考えて、でも誰かが損しないように、誰かが泣かないように、誰かが怒らないように、ってなんでもかんでも不便不自由という重しを付けていくうちに、「誰かが怒ったら、その時は札束ビンタすりゃいいんだよ!」って外資のサービスになんでもかんでも蹂躙されていく
Twitter / mesotabi (via igi)
もし誰かに期待されていたら早めにがっかりさせておいた方がいい。ほっておくと人生がいつの間にか人が期待する方向に向かい始める。

Twitter / 為末 大 (via raitu)

これ、マジ。認められたい欲求のまま行動してたら、どうしようもなくなる。

(via kowloon-lee)
若者は
「キモい」「生理的にムリー」「フツーあり得ないっしょ」と
未熟で論理的な理解が苦手、のようなレッテルを感じていたが
大人は
「非常識」「理解に苦しむ」「品位に欠ける」「望ましくない」と
偉そうな言葉に変換する技術があるだけで
言ってることは同じ「俺の好みじゃない」だと思う
酒が人間をダメにするんじゃない。
人間はもともとダメだということを教えてくれるものだ。
by 立川談志
仕事ってのは難しくて、質が足りないと次の仕事って”必ず”無くなる。
スケジュールが守れない場合も仕事は無くなるんだけど、スケジュールを守って質を失ってもやっぱり仕事は無くなるか、便利屋として呼ばれるだけで。
だから質は絶対とした上でスケジュール交渉しないといけない、逆は無い。
Twitter / drunkenAndo (via igi)
我慢強い = 馬鹿。みたいな風潮を広めないと人が死ぬ。 (http://bit.ly/oD6k6G)
from http://bit.ly/qxhk3w (via kiri2)
217:名無しの心子知らず:2011/11/08(火) 17:42:15.87 ID:oRMO4vYA

うちの息子が幼稚園に入ったころ
近所の友達に乗り始めの自転車でぶつかって軽く怪我させたことあった。
その場で謝ってむこうのママさんも許してくれたんだけど
その話を帰ってきた旦那に言ったら
「よし、今から謝りにいこう」
って言われた。
「もう私が謝ったし向こうも納得してくれてたよ」
って言ったんだけど強引に息子と私を連れて相手の家に行って玄関でぺこぺこ頭下げて
謝り倒してた。 帰ってきて私に言った
「謝罪と言うのは相手がどう思おうが関係ない。大事なのは息子に俺が頭下げてる姿を見せること。
 自分のしでかしたことで父親が頭下げてると言うのはすごく心に残るんだよ。
 俺もガキの頃、自分のしたことで怖い親父がぺこぺこ謝ってる姿見てこわかった~
 二度と親父をあやまらせることないようにしようと思ったよ。」

そうか~謝罪って子育ての一環って意味もあるんだなって感心したよ。

子育て速報

うげ、してこなかったわ、コレ

(via scsa)